まちの通信

こんな時期に何で?というくらい、腰や首を痛める人が多い。ジットしているからって痛めないとは限らない。体あ動かないと免疫がさがり、動かないと筋肉は硬く関節も硬くなる、そして動きに対応しなくなり怪我をする。

実はこの状況だからこそう痛める人が多いのです。仕方ないでうしょね、普段の状況とはかけ離れていますから、この状況は特に注意が必要です。普段腰の曲げのばしが多い人、ひねる動きが多い人、足を組まずに座ることができない人。要注意

腰の骨同士が同じ姿勢で悪い状態が続くと骨棘ができて試合神経に当たってしまうと激痛が出ます。そして腰痛がなかなk改善しなくなってしまいます。衝撃があったり尻餅をついたり転倒などでなりやすいですが普段の行動や普段の悪い姿勢で起こってくるものでもあります。

レントゲンを見ると腰の骨の足がくちばしの様になりひこう肥厚しています。\整形外科ではなんか衝撃を受けましたか?と聞かれて様で、ないですと答えたということで、ご自身のの骨がその様な状態なっているとは知らずに整形外科では説明のなかった骨棘についてはびっくりされていました。怖いのは説明がないこともそうですが自分の

貝塚市整骨院まちの整体整骨院の腰椎の骨棘による痛み

投稿ナビゲーション