何度もぎっくり腰になったことはあるけどいつものことだからそのままにしてたら何日も治らなくなったから怖くなてきたということで治療をさせて戴きました。

見た目はすでに中で筋肉が挫傷しているのがわかるくらい腫れていました。今までこんな長期間治らないことはなかったのにというお話でしたのでレントゲンの分析をしたところ腰の骨の2箇所がかなり悪い状態の配列になっていました。このままだと足が痺れてきたりするかもしれないおいうことで治療を完治するまで続けることに。。。

捻ったりすると痛くて動けなくなるということ、でも歩けるし何とか屈める、そんな状態で筋肉の緊張のチェックもさせてもらいましたがかなり奥の方まで筋肉の切れた後固まった形跡がありました。

鍼灸の治療をしていくことになり整体と鍼灸をしながら今は3回で痛みが取れましたがまだ歪みが繰り返しします。

普段の姿勢やしんどさの慣れはとても怖いです。しんどいとは痛みのが普通になりそれほど感じなくなるからです。お仕事でいそがしい、家事で自分の治療時間がないなど、自分自身のお体を優先するということは後回になるかもしれませんがここまで悪くなると余計に時間がかかります。根本的に治療するため頻回の治療が必要になります。

御本人の時間の負担や金銭的負担も大きくなります。少し調子が悪い時のチェックというのはとても後に役に立ちます。今後も根本的に治療をすすめていく上で再発を予防するために最終的には骨を支える筋肉のトレーニングも必要になってきますね。

自宅の鏡でくびれや腰の位置が違うなと思った人は治療土器を逃すと痛みが出るかもしれません一度鏡の前にたてみてください。

51CE534F-659E-4724-B457-AA89A4EAABDE

貝塚市整骨院のまちの整体整骨院のほっといたらあかんそのだるさ!

投稿ナビゲーション