まちの通信

おはようございます!ただいま当院の15周年に向けて今までの振り返りをしている浅川です!

 

当院での治療は痛みがあるところやしんどいところだけではなく、通常では見ない根本がどこにあるかを診ています。そのために姿勢分析を行いどこに問題があるか、触診でだからここに痛みが出るんだということを見て判断します。

特に多いのが最近ではどこ行っても整骨院は同じ見たいなことを思ってしまって治療をやめてしまい、悪化してしまってからまた治療院を探して当院にたどり着く方が多く、その時にはもうかなりの時間が過ぎていることにより痛みが悪化しなかなか治らない状態になっています。それは当然で、まず初めに選ぶ場所は自分のお身体がどうなっているかが明確になるところ!が重要ですよね。

例えば首が痛くて腕が上がらなくなってきたという時は勝手に運動不足と決めて体操に行くと危険です。最近当院で同じようなことを話してくれた患者様がいましたが、体操に行って余計に腕が上がらなくなったということです。でもそれは体操のせいではなくご本人が選択肢を間違えたということです。

何が悪くて何をしなければいけないかということは専門家にお任せした方がよい。自分で判断する人に多いのがやってきたことが間違っていたことが認められなくて怒り出すという始末。。。

だから病院でもあまりはっきりと言わないことも多いと思います。

ですが整形外科にはなぜいったんですか?と聞くと治してもらおうと思って。。

対処はできますが治すという観点が患者様と違うことが多いです。

痛み止めしかくれないと言いますが、痛み止めを出して痛みを止めることが整形外科の先生は仕事としてやっていますので、レントゲンを撮って骨に異常はないといわれたとか、だからどうもないとか、でも痛みが出てるのはなぜ?

ということなんです。

結局痛みをとってほしいから痛み止めを出したのに患者さんは根本まで診てほしいという要望がどこかにある。あたり前だと思います。

なぜ痛くなったのか、どうしたらいいのか、どれくらいで治るのか?

など、もはやいろんな病院に行って整骨院も行きまくって最後にたどりついた人はほとんど人の話を聞いていません!笑

ですから何が知りたくて何をしたかったのかもわからないくらい悪化してしまったということです。

別に選択肢は患者様にあるわけですから、選べばいいと思います。

そのうえでご自身が求めているものに合ったところに行くことが重要です。お金も時間も無駄ですもんね。

当院でははっきりとご自身の根本がわかるまで聞きたい方が多いです、そのためレントゲンを一緒に見たり、今から始まる治療の説明をしたリ一緒にトレーニングをしたリと嫌というほど話します。

めんどくさい人には必要なことをしなければ治りませんということもはっきりと言います。

ですから本当に治したい人しか来ません。

そんな風にお身体で困っている方が本当に治っていくために全力を尽くしたいですね。

貝塚市まちの整体整骨院でよく見る症状 腕に力が入らない!

投稿ナビゲーション