実は朝からウオーキングをしていて健康的な生活を心がけている浅川です。

 

本日の実は。。。。

当院では姿勢分析を元に治療を進めて行きます。

お身体の状態の悪いところの原因を探るために姿勢のお写真を撮らせていただいていますが、当院に来る患者様の中で姿勢が完璧に良いと言う方は15年間一人もいませんでした!笑笑

そりゃそうですよね。

姿勢が根本であることが多いからです。

今回の痛みのターゲットは

脛骨過労性骨膜炎をシンスプリントと言いますが、

痛みが出る条件と場所、状況がどう考えてもシンスプリントの症状ではなさそうで、何故そう診断をご自身でされたかと言うと、前に整形に行って同じような痛みの時に診断を受けたからとおっしゃられていました。

でも今回同じ痛みで前に治ったのに何故整形に行かなかったのか?それが『そこまで酷くないと思ったから。。。』でした。

結構ひどい状況の方は触ると患部がもう痛いです。

触る場所を間違えていたんですね!シンスプリントも場所が肝心で間違えると別に痛くありませんし、ただ、走り方と姿勢を変えることができなければなかなか痛みは取れません。

もっとひどいのがシンスプリントと診断されその場所だけ痛みが引いたとしてもシンスプリントになる条件が整うとまた再発します。

今回は腰でした!

腰椎のねじれによって神経と血流の伝達が悪く走っていて途中から痛みが出てくる。

姿勢の歪みによって負担のかかる場所を限定させるとその場所がシンスプリントの場所と一致することもあります。今回走る競技をしている方なので今よりもっと原因追求をして行き最短で治すためには

ご自身の走るフォームと、普段の姿勢とが兼ね揃えているトラブルが起こるだろう部分が一番の根本でした。実際には走っている最中にましになってくると言う事を聴くとやっぱり理屈が合わないなぁと思いやはり姿勢が歪んでいることで負荷がかからところに問題があることが判明。

患者様が症状名を言ってくれても冷静に本当に何処が悪いか見ないといけないですね。

それが治らないことにつながるかもしれないですから。

 

貝塚市整骨院まちの整体整骨院でシンスプリントではなかった件

投稿ナビゲーション