外傷が多くそのたびにびっくりす流刺激のある仕事をしています!

本日はベイクでの転倒で怪我についてお話しします。

まずはバイクでの転倒は衝撃が強いためまずはすぐに骨に異常がないかを調べた方が良いです。ですがたいてい軽傷の場合はレントゲンを撮りに行かれない人が多く、状態の把握をしたいためにおすすsめすることもあります。

ですが怪我をして一週間以内だと黒瀬雨tしているかどうかが明確にレントゲンに移らないことがあり、また異臭感たってからきてくださいと言われることおああります。その間整形では骨折という診断が降っていないためにギプスができずにそのまま帰ってこられます。

当院ではそういう状態の時は骨折おおもって治療を進めていきます。痛みが強くあり固定ができないというのはとても痛みあの時間が長く伴いますので固定をして動かないようにすることで少しでも痛みのある時間が減少します。

今回のケースでは骨折かそうかわかるまでの間固定は当院で行いました、ご本人様も動かすと痛くて動かせない状態でしたので一週間は固定をして骨折でなかったらもう筋肉を動かさないと今度は筋肉と関節が固まって動かなくなることが多くリハビリがとても痛くなります。

鍼灸で固まった筋肉をい緩めていく治療から、症状に対しての背術も含め骨折や捻挫の治療はただでさえ痛いのにそれ以上の我慢はできません。早く治すためには、前衛として一番最悪の状態を想定して治療していくことと早く固定を外せる状態に持っていくこと。

今回は骨折ではなく南部組織の損傷でした。関節の中で黒瀬雨しているケースも考えるととてもお怖い状態に陥ることもあり、無闇に固定もできないこともありますが、鍼灸の治療は怪我をしてすぐも時間が経ってからも両方対応できるので怪我の治療には必須です。

ですから今回の南部組織の軟部組織の損傷に関しては骨折がなかってホッとしましたが逆に骨折ではないと理解すると今度は患者様の治療への意識が下がると今度は筋肉や関節は日にちが経つと治りにくくなります。なんでもタイミングがすごく大事でどれだけ過保護に治療していくかです。

新旧の治療も早くから用途に分けて毎回行い、怪我をしてしまう状態にあったのはどうかを姿勢分析でも見せていただきます。

スポーツなんかでは時に良くありますが力の入り方が対象ではないことが多く怪我をします。

今回痛みのあある所と治療する場所は違います。

TFCCを治療することで少しでも改善に向かいにはタイミングが大切ということがさらに理解できました。特にこの損傷はなかなレントゲンがない状態での判断は難しく軟部組織が固まってしま雨ことで治癒期間が長くなることまあります。

そしてもっとダメなのは手首が動かなくなることです。今回は早く当院に見せてくれたので手首が動く所までたどり着きましたが、本当に怖いのは掘っておくことです。ごく稀にしか起こらない状態でしたら俺tえなえればいけるというはんだん。これが一番怖いです。変形してしまったり、固まって動かなくなってしまtたりとします。

今回のケースはてのヒラが外に向かないとい雨途中経過でした、セーフですまだまだに会います。ちょっとでも早く治療することで結果的には早く治りますので自身判断せずに専門家に診せてくださいね

貝塚市整骨院まちの整体整骨院TFCCの治療!

投稿ナビゲーション