リハビリの辛さを変えて元気になりたい。

オペ前は左足が痺れて歩けなくて神経に当たらないようにする治療を続けていました。
すごく大事なのはオペを受けてもっと歩きたいって思ってくれたこと。
前よりも良くなりたいと思うことがすごく大切。

だからリハビリも頑張れる。でも退屈だし、そんなに簡単ではないし、痛いしで、なかなか踏み切れない人が多い中今よりもっとって思えたことがすごいなって思いました。
これからの筋力トレーニングはすごくしんどいです。
なかなか耐えれるようなものじゃないです。でもきてくれた当日からトレーニングを頑張ってやる気満々。
治したいって気持ちがさらにこちらにも湧いてきてそれが相乗効果となります。
ずっと頼り続けてくれてて、オペを受けてもまた頼ってくれることがすごく嬉しいです。
なかなかそれって少ないんですよね。
もっというならオペをするということはもう私たちは必要ないという方もいます。帰ってきて頼ってくれる人の方が少ないです。
だからこそ力を注いで普通に歩けるようになって欲しいって思います。

仕事復帰もそうですし、日常生活で困っていたことが一個ずつ解決していくように、今から一緒に頑張りたいですね。
腰の症状には沢山の状態やレベルがあります。
日常生活には問題ないけどなにかと痛みが出る動作がある。
常に痛みが同じ動作である。
日常ずっと痛む、痺れるなど。
その症状にあった治療が必要です。見極めながらタイミングと合わせてしっかりと必要な治療は患者様のご都合と体の状態に合わせなければ治らない。だから患者様の協力が必要なんです。
当院の患者様は一番ご自身のお体のタイミングに合わせた治療頻度をしっかりと時間を作って合わせるようにしてこられます。だから早く治ります。
患者様達が必死に時間を作って治すために頑張ってきてくれます。一緒に治療するということです。

どんな症状でも一番大切なのはタイミングです。

今回の治療は、鍼灸治療で奥の方の治療をするために吸い玉をしてまずは結構不良を改善しました。オペ後のお体は特にその患部の上下で幹部を庇います。ですから庇って負担のかかるところの軽減をするために患部以外の支えているところを重点的に施術します。
弱ってしまった痺れのある足も筋力を確認してもう一度支えるようになるようにトレーニングを行います。
単にマッサージをしていても治らないです。かなりここからがご本人はしんどいと思います。痺れは長ければ長いほど治るのに時間がかかります。
どれだけ治療をしても変化がないこともあります。
必要なタイミングで必要な治療をすることでちょっとの変化でもわかるようになる。
足の鍼灸治療はむくみの改善も行います。
筋肉を緩めるだけでなく、神経を通りやすくするように、沢山方法があります。
諦めずに行うことがリハビリトレーニングに一番重要です。
患者様が諦めなくていいように当院のスタッフは全員で一緒に頑張ります。

貝塚市整骨院まちの整体整骨院でのオペ後のリハビリ😘

投稿ナビゲーション