まちの通信

最近、寒いので裏起毛のタイツを毎日履いている浅川です!

体の中で特に大切な免疫機能を司る腸の動きについて考えます。寒いから便通が悪いとか、すぐにくだすとか、最近特にお腹の調子が悪いからと患者様の中には腹巻を巻いて来られる患者様もいます。お腹が冷えると腰の痛みが出る方もいて、ひどいのは免疫機能が低下することにより腸炎や、風邪、花粉症、インフルエンザになりやすい体になります。
腸にはフローラという腸内細菌がいて、そのフローラの量のバランスが整っている時にはスムーズに腸は動き快便ですが、それが少しでもストレスや、冷え、食事、飲酒などの影響によって過度な負担がかからとたちまちフローラバランスが崩れガスが発生したり便が作られなくなりお腹が張ってきたりとしてしまい、一番悪いのは宿便がたまり気づかないうちにいろんな病気に感染しやすくなります。特に花粉症はその代表で、腸の状態が悪いと今までなっていなかった方までが花粉症にかかってしまいます。

普段から腸内バランスを整えるためにすることとして、

⭐️お風呂にゆっくりと浸かること。汗が出るまで
⭐️適度な運動や、笑うことをあえてやってみること
⭐️食物繊維の入った食物を多く摂ること
⭐️水分を1日1.2リットルは最低でも摂取すること

これは最低限快便に必要にことですが、誰かに偏っても腸のフロラバランスは整いません。市販の薬でもビオヘルミンという薬を聞いたことがあると思いますが、特にあの薬が腸の動きを過剰や、弱りを元の状態に戻してくれる薬です。
ですが、薬を飲んだところで根本的に腸の動きが完全に解決されたわけではありません。
バロメーターは便通の周期と、便の柔らかさ、色などが大きく関与します。定期的に観察が必要です。
硬い便は水分不足です。柔らかい便は消化しきれておらず腸の蠕動運動が不安定な状態です。
周期的に便通を促すなど習慣づけて根本的に治していくことが必要です。

そして便通が悪いと腸の裏である腰の血行も阻害され腰の筋肉の緊張が出てきて痛みが出ることもあります。また逆に腰の筋肉を柔らかくすることで腸が動き出すこともあります。
定期的に体を温め、水分をたくさん摂ることで、トイレの回数も増えますが、問題は習慣化して腸の病気を防ぐことです。

大抵の方が年をとると病気の一つや二つあってもおかしくないといいますが、腸の状態が良い人とそうでない人では五年後十年後の元気度が違います。
食事は特に8割影響します。
胃で溶かされたものが腸で吸収される際、腸の吸収するところが詰まっていたらどうなるでしょう。
栄養は吸収されずゴミばかりがたまってしまいます。
溜まった生ゴミはガスを発生しオナラとなり貯まります。
それがお腹が張る原因ですが、水分を取っていたり山芋や、オクラ、ネバネバ系の食物、バナナや、キャベツなど食物繊維の豊富な食物を食べている方は便のつまり具合が違います。

現代の病気のNo. 1は大腸ガンです。
これに関しては検査も一旦すべてのたまったものを出すところから始まります。2リットルの下剤を飲みすべての便が出てしまってからでないと腸の本当の状態が見えないとし、かなり体力が奪われる検査です。それでも普段から腸内バランスを整えていると、大腸ガンのリスクは7割カットできます。
どれだけ普段の習慣が大切かということです。
特に油物、食品添加物が多いものを食べている自覚は現代の人は少なく、野菜や、お肉もそうですが、防腐剤が付いているものは長持ちはしますが、腸には溜まっていきます。

その溜まった物が癌化し、リンパが多い免疫を司るリンパがたくさんある腸ではリンパに癌が転移すると全身に回ります。
その後全身のリンパになって弱った臓器に癌が転移し取り返しのつかないことになるのが早いのが大腸ガンの怖いところです。
今からでも腸内フローラバランスを整える生活に改善していくフローラ活動を始めていくために当院ではお水の飲み方、食品な取り方、適度な運動は先生が付いて行います。
骨盤や、背骨の筋肉を緩め全身と腰を重点的に調節することで便通が改善します。定期的に岩盤浴にも励まれている患者様もいます。
普段のライフスタイルが大きく今後の体の状態に変化を与えることができるのでまた機会があれば考えてくださいね!

もうすぐ15年を迎える貝塚にある30メートル歩けば岸和田という場所にある整骨院
貝塚まちの整体整骨院では旧26号線沿いにあらたに看板と合わせて駐車場を増大しました!
ご来院の皆様には近隣にお住まいの方にご迷惑のかからぬようにお車の駐車ご協力をよろしくお願いします。
2018年から始めた日曜診療開始に伴いお休みにスポーツに取り組む方の多くにテーピングなどによるケアだけでなく競技力向上に向けたトレーニングの指導などもできるようになりました。
2019年の6月には15年を迎えるにあたり泉州エリアにおいては1番と呼ばれる設備をそろえた高周波治療器、超音波、低周波、ラジオ波、遠赤外線、干渉波、EMS、アメリカから導入したカイロプラクティックベッド、フットマッサージも同時に可能となった最新ウォーターベッド、各種トレーニング設備、岩盤浴を取りそろえるようになりました。症状によっては保険を使った鍼灸治療を行うこともでき吸い玉をを使った特殊な治療も行っています。
15年の実績で培った経験もベースにあらゆる症状と患者さまのニーズに対してプロとしての責任を果たすべく日々取り組んでおります。
私たちの考える治療とは症状に対して何かを施す作業的なものではなく、その変化を見ながら患者さまとともに取り組んでいく改善のための道筋であると考えています。ですので必ず特別な事情がない限りは改善するまでは継続することを前提でご来院いただけますようよろしくお願い申し上げます。

貝塚市整骨院まちの整体整骨院で解決する腸内フローラについて!

投稿ナビゲーション