06.反り返り


こんばんは!今日のおすすめ小話は。。。。気を見て森を見ず!です。
最近の症状で一番多いのは手の指のしびれと、足のしびれ。
これはどういうことかといいますと。。。
神経というものは頭から背骨の中を通って枝分かれして各部署(各筋肉、各臓器)を担当していくのですが、ここでいう症状のしびれは主に末端で起こる症状のことです。
体の中で一番太い神経はよくお聞気になると思いますが坐骨神経!
特にこの神経は太いから筋肉や、その他の影響を受けやすい。そして症状として出てくるのはしびれやダル重さ。長い間腰の症状や、腕の症状を見させてもらってきましたが、症状が末端へ行けば行くほど根本の症状は悪いと判断します。
当院で行う姿勢分析でも特にこの根本についてはすごくこだわってみていきます。
腰が痛いから腰を見るとか、足がしびれているから足を見るのでは、気を見て森を見ずというように痛みのある所やしびれのあるところだけ診てもまあ治りにくい。

最近では左背中の激痛としびれ間でこられた患者様がいました、昨日急に激痛で寝られなくて怖くなって近くの整体を調べたら出てきたので来ました、ということでした。かなり姿勢は深刻でした、左に傾きねじれ、しかも首もしびれが出ているほうに傾いている。傾きはよく見るものなので慣れてはいますが、左背中とか腕とか聞くと心臓?!みたいに不安になる。ネットであらかじめ来た患者様はそこまで調べてこられています。ですから、きちんと消去法でそれが心配ないかを判断しない都いけない状態でした。姿勢分析の写真を見せ、説明が終えて実際にその患者様はあまりわかりずらそうな感じでしたが、触診してみると「あーここね」というところがわかりました。今回のお話の通り背中の痛みが胸椎のゆがみによる神経の圧迫からの痛みでした。
一日目は矯正もできないくらい硬くなっていましたが、2日目はもう矯正できる状態でした、そして3日目でしびれと痛みは半分になりました。4日目はもう痛みがありませんでした。実際にしたことは胸椎の3番4番5番の横突起部のゆがみを調節しただけです。
整体というのはどこがどうなっているかがわかればすべてを検査し、一番の根本を見つけ出します。

根本がどこか、その根本の部分はどうなっているかが特定できずに最短で最善の治療はできないですね。
一番の大切なところはどこがどうなっているか。
これを診ないで根拠のある治療や根本の治療はできないです。
ということは。。。たくさん状態と状況と症状をお聞きすることで解決になることもありますので、たくさんのお話を聞かせていただきます。
そして最短とは一番痛いところの痛みや、しびれ、を早く取るための治療を選択することです。
現代の治療院で多いのは必要なところ以外にたくさん時間をかけて行うところが多いですが、当院では最短で最善の治療を根拠がある状態で導き出してそこを中心に必要なところを施術します。
特に整体のコースではこういった部分の説明と納得の上たくさんの治療法を使って行っていきます。
姿勢に問題があることが多いですが他に、食事、睡眠、環境、精神に問題があることもあります。
問題があるところを理解する為にたくさんお話をお聞きし、一緒に根本を見つけていくことも最短、最善の治療につながります。
いっぱいマッサージしても治らない、またもとに戻る、電気当てても治らない、そんな人はきっとまだ根本の悪いところが見つかっていないだけなんだと思います。一度自分のお体の状態を調べてみるといいですね。

木を見て森を見ず、、、、は治りません!


投稿ナビゲーション