転倒した日の打撲治療は非常に重要です。
今回は俗に言う弁慶の泣き所!を打撲した内出血で浮腫んでしまっている状態の治療の重要性です。

1番注意しなければいけないのが場所によりますが、コンパートメント症候群。
これが非常に危険で皮膚の拡がる幅が決まっているので出血によってこれ以上広がらない状態まで血液が溜まるの内部に対しての圧迫で神経や血管を圧迫し足が壊死してしまうと言うことです。

痛みや、歩けないことでそんなことまで気が回らない状態なので足を冷やしたり足をあげたりとできない状態で寝てしまったりすることで足先が動かなくなるなど、怖い状態に陥ることです。出血は動くと打撲した患部からどんどん出るので冷やすことがまず必要ですが、湿布だけで終わってしまったりと知られていない応急処置で、済ませてしまいます。
まずは怪我をしたらすぐに診せる。
これは重要です。
時間がない場合もありますが早い方が治りも早いです。
状況が悪化すると治癒も時間がかかります。

沢山の症例を診させてもらって思うことはおかしいけどまだいけるかなぁと思った時。その時は治療のタイミングです!

貝塚市整骨院まちの整体整骨院での打撲治療は初日が大切❣️

投稿ナビゲーション