超音波による治療とEMS、ハイボルテージ、低周波など7種類の電療法を様々な症状に対応ができまた超音波との同時に組織に働きかけが可能です。

ハイボルテージ

高電圧刺激療法はいする皮膚に対する抵抗が少ないため必要な刺激を患部にに到達させることが可能です。

温熱作用

超音波が照射されることによって生じる熱がその到達しているエリアを全体的に温めることができます。

一般的な遠赤外線や皮膚表面からの温熱作用と違い身体における深い部分への温熱による組織への働きかけができます。

マッサージ効果

超音波の発射される先のプローブから1~3Mヘルツの超音波が出力されます。1秒間に100~300満開の高速度のミクロマッサージをしかも身体の奥深くに直接刺激を与えることができます。

 

リハビリ期間の短縮や筋肉内の取れにくい硬さや痛みの緩和に用います。

肉離れ、捻挫、骨折、リハビリ、50肩、ぎっくり腰、関節可動域の改善

スポーツ選手における損傷後の炎症期に対応できる治療モード搭載されていおりそうきかいふくにむけた治療が受傷後すぐから可能です。

 

 

Google検索で

貝塚 整骨院 

上記クリックでお問い合わせや迷わずまちの整体整骨院までアクセスできます。

コンビネーション刺激装置EU-940

投稿ナビゲーション