本当に治ってないのにコルセットだけ。
診断書にはまだ骨折は完治ではないと書かれていた患者様が受けた病院での指導は『あとはこれを撒いてるだけで治りますので安静にしといてください』うーん間違ってはないけど、主婦の方だし安静は難しいかなぁと思って、という紹介で、お嫁さんからリハビリとオステオトロンをあてに来られました。
1番は安静にしてる間に足が弱る
2番は太る
3番は動かなくなり他のところに痛みが出てくる。

こなパターンが陥りやすい。当院では骨折の治癒期間を通常の40パーセント縮めてくれる機械があり、それを20分間当てるだけでも通常より早く治る。そして先生がマンツーマンでついてのリハビリ。しんどいけど弱らないし、その気になれば鍛え上げららた78歳の方はないかのエコーで腹筋すごいなぁといわれたほど、トレーニングができる。
流石に骨折をすると気が弱ってしまいこれからどんどん悪くなる気がするし、不安になるのもわかる、そして動かなくなったらどうしょうという気待ちで来られます。
まぁ全てぶっ飛ばしますが、その方が早く治す気になることが1番であり、なにがあっているかはわかりませんが、骨が治った時にただ安静にしていて、骨がくっついた場合と、リハビリ、トレーニングを積んで復活した場合とではパワフルさと、私の取り方見た目まで変わります。
私は当院の患者様の年齢を慎重に確認しなければ怖い時があります、それは元気過ぎるからです。見た目が。。。ただそれは怪我をされていても治そう!という気がみなぎっているからそう見えるだけで、その症状は重症の方が多い。
でも知らないのは1番怖い。

治った時な自分の姿を自分で描いてそして治療する方が大切です。相談でも治療でも迷ったりすることで不安になっていることがあったら話して見てください。一気に解決できるかもしれません!

圧迫骨折 治ってないのにコルセットだけ

投稿ナビゲーション