膝の痛みが早く取れる太ももトレーニング


今晩ミー!
今夜は膝の痛む方が増えてきたまちので、すごく流行っている早く膝の痛みが取れる太ももトレーニングのお話です。
正直、マッサージや、鍼灸だけで膝の痛みが最短で取れると思ってる方はブー。間違い。

理論的には時間をかければ治るんだけど、痛みの出す原因が太ももの筋肉の硬さや、筋肉量の減少によって起こる痛みなら早くリハビリトレーニングをした方が痛みは取れやすい。大体の方がトレーニングを嫌がるんですが、やってみたら本当に痛みが取れるスピードが違う。自身までつく!
膝の関節への負担は筋肉が力を発揮しなくなった状態が続いていると起こってきます。ほとんどの方が痛いのにトレーニングやるん?っていう質問が当たり前で、痛いから動かしたくないというのが普通です。ですが、まちのの患者様に関して言うと痛いからトレーニングする方が多い。それは膝の痛みの原因がわかっているから!
病院へ行って運動しなさいと言われ、わからなくて、1人でできなくてほったらかしになった挙句、歩くことすらままならなくなって送迎で来られる。だから初めから説明します。今の足の状態がどうなっているか、そしてそこに対して何が必要か。
そして水がたまっていない限りトレーニングが始まります。どれだけ、痛みが強くても、原因を間違わなければ帰りには痛みがない方もいます。
膝の負担は体重1キロにつき5キロと言われています。
簡単に1キロ減少すれば膝では5キロの負担が減ります。ただダイエットというのは時間がかかることと、ストレスが強いこと。だからトレーニングをします。たべないことや、我慢することを選ばずにトレーニングをすると、痛みが取れるから続けていける、ご飯を食べないと続けられない、毎日継続する、
勝手に痩せる。これが理想。
だからその方に合わせて膝を治すために何が必要か見極め足が傾いていたらインソールを作り、骨盤がゆがんでいても膝の痛みは出るので改善。どんなことでも一人一人原因は違います。病院で言われる、加齢、体重、についてはそんなに気にしないでください。具体的にお一人お一人に必要な治療を導き出して一緒に治していきます。諦めずに継続すればいたみはとれます。まずは自分のお身体の状態を明確に知ることから始めましょう。
これからも簡単に膝を治すために軽いトレーニングをしていきますね!

リハビリが必要な時

投稿ナビゲーション